観測(星見)場所と周囲の建物
the observation
place

中井健二の星のホームページTOPに戻る


望遠鏡の設置場所から北方向。右の家のずっと右後方には街灯があり、この家が街灯の
灯りをブロックしてくれています。(^^)


ところが、2016年に白亜の豪邸が壊されて
白い壁もなくなって敷地には4件の
分譲住宅が建ちました。


さらに2010年には白亜の豪邸の東隣にあった家が
取り壊されて会社が出来て蛍光灯の常夜灯が薄っすらと
観測場所を照らしています。


同じく北方向。印が北極星の辺り。
                NGC6543は北極星の下側に来ると画面左の松の木辺りを通過します。


同じく北側を自宅の2階から望む。いつも入り口付近に停めてある車が撮影時いない。(上の写真にはありますが)   中央の私の車の前に望遠鏡を設置すると駐車場に出入りする車は望遠鏡を斜めに横切るかたちになります。丁度、三角地帯に設置していることになります。

北北東方向です。高度45度以上が星見の対象になります。以前はこのすぐ右に建物が
                なく(少し遠くにあったですが)、東北〜東は視界良好(比較的)でした。しかし・・・

星見場所のすぐ側に二階建ての家が
増築されてしまいました。(TT) 2001年8月です。このため東北〜東は視界絶悪となってしまいました。(--;
右の写真の中央下にカメラの三脚が置いてありますが、ここが私の星見場所です。他の場所ではLX200-25のような
ビッグな望遠鏡は車の通路にあたるため設置するには都合が悪いのです。右の写真はいつも夜に出入りする車の前
から撮りました。右の写真の右隅に写っているのが私の家。そのすぐ左の少し低い2階建ては増築する前の隣の家。
中央は増築された家屋です。屋根には太陽熱温水器があります。この温水器の方向はシーイングが悪いです。
この3枚の写真の方向は北東〜南東にあたります。
南東方向には八幡川の河口があり瀬戸内海はすぐそこです。
余談ですが、八幡川の河口は水鳥の生息地として有名です。時々水鳥を見に散歩がてらに行ってます。
つまりバードウォッチングですね。なお、人工干潟に掛かる橋には橋のみを照らすタイプの照明灯があります。
これは鳥の保護のためでしょう。こういったタイプの照明灯は俗に言う光害防止タイプです。


自宅です。南東〜南南西にあたります。自宅のアンテナが真南になります。
車が3台並んでいますが、中央が私のです。この前にLX200-25などの大きい望遠鏡を設置しても他の車の通路を
妨げません。茶色のワゴンの前にも車が停められるのですが、今は空きです。そのすぐ向こうには別の車が停めてあります。道路に出る通路は私の車の前だけですので、隣の2台の車は望遠鏡の側を斜めに通ります。
なので、ちょうど三角地帯に望遠鏡を設置していることになります。他の場所は全て車の通路に当たりノーグッドです。運が良かったのです。
自宅の後方にも家が数軒ありますが、その向こうはありません。数年前はすぐ海だったのですが、今は広大な埋め立て地があります。まだ整備が進んでいませんが、もう数年経つと家々が並ぶのでしょう。
2003年4月22日追記:ここ数年で埋め立てが完成し、家々が建ち、気流が変わったのでしょうか?シーイングがめっきりと落ちました。望遠鏡の限界を極める機会は以前よりも
              少なくなってしまいました。でもこれも自然現象と割り切るしかないです。(^^;


自宅の1階の貸家に防犯センサーが設置されて
4.5m以内に近づくと点灯します。
階段から降りたり自宅に戻ろうとしたら点灯します。
幸い、いつもの観測場所ではセンサーの範囲外なので
点灯しません。


いつもの観測場所からはシリウスがこのように
通過していきます。LX200-25系では不動点高が
高かったのでもう少しシリウスが高く見えました。
EM200+メタル三脚では不動点高が114cmしかないので
屋根の上ギリギリを通過です。狙える時間が短くなりました。
ティーガル100で見たイメージ。不動点高は同じですが、
EM200+メタル三脚では南中時には赤道儀なので
望遠鏡が真横に来てシリウスはもう少し低いです。
実際に見たら、もっと高くて修正しました。
自宅の右端が南中で、右隣の家の屋根の遥か上を通過して
南西の空に低くなります。



南西〜西方向です。
比較的視界良好ですが、どうもこの方向はシーイングが悪いことが多いです。それに隣の廿日市市の光害も気になり
ます。高度45度以上なら良好です。
全て画面の下は車が置いてあります。駐車場だから当たり前か。



観測場所から西から南西方向です。
大きな桐の木は切り倒してあります。
左側に見えている母宅の大きな杉の木や
土佐水木などは2016年11月に剪定してあり
見通しが良くなりました。
向うに見えている家の屋根は隣の家が旧家を壊して
新たに母宅に隣接して建てたものです。以前はもっと
向う側にあって観測場所からは見えなかったです。
右の琵琶と夏みかんの木が巨大化しています。


観測場所から西〜西南西です。
夏みかんとその手前にある琵琶の木が巨大化しています。
琵琶の木は毎年剪定していたのですが、蜂に襲われて以来
止めたので凄く大きくなっています。
画面右の車はアパートの不法占拠者の車です。車検が切れて
久しい車です。認知症の母が騙されました。
だから兄にアパートの募集は止めてくれとお願いしたのですが。



北西〜北になります。
アパートが大きく立ちふさがりますが、実はこのアパートの左後方には超明るい街灯があり、その昼のような灯りを
防いでくれています。こういったのをトレードオフというのでしょうか。右の写真でまた元の方向に戻りました。
お付き合いありがとうございます。今は上記の大きな写真の通りになって正面の白い壁はなくなって分譲住宅地に
なりました。


2003年8月6日追加

星見場所の近くは薮(やぶ)です。なので蚊や毒虫の攻撃は半端ではないです。反面、いい点もあります。色んな小動物が集まります。
小鳥のさえずりやせみの声なんか今時の都会では珍しい。時々小型の海鳥が来ます。たぶん鴫(しぎ)。
しかし、星見の夜は蚊や虫に刺されまくり状態です。

まず、自宅に通じる階段入り口。この奥は木や大きな
草が生い茂っています。

ここも画面右のネズミモチの木を切ってスッキリです。
今はこのようにスッキリです。
自宅の西側と隣の境界はこんなです。右側奥はうっそうと
しています。
ここも2006年に母の懇願で退職して今はスッキリしています。左が自宅です。今度撮影しておきます。
今はこのようにスッキリしています。
が、誰も感謝してくれません。
緑のトンネルは兄の娘2人が被れて
やれなかったので、私がバッサリ
切りました。が、兄一家からからは
有難うのあの字も言われません。
右側の木々はイラガの幼虫が来ます。
夏から10月まで大変危険です。
画面中央右の紫陽花みたいな木は
凄く伸びます。私が切っています。
イラガの幼虫も来るので夏前と10月末以降に
剪定します。
1F借家の南側は林状態です。
左の写真の面影はないです。
2006年に母の懇願で母の仕事を覚えるべく
退職してジャングルを切り開きました。
生垣も毛虫が多量に発生して賃借人から
苦情が出て全部切りました。
紫陽花みたいな木も1階の物干し台に伸びて
イラガの幼虫がいるので切っていましたが、
植木屋さんに根元から伐採してもらいました。
上の写真の上側はこのようになっています。
今はスッキリしています。
自宅から南西方向です。
イラガの幼虫の宝庫です。特に楓の大木が数本あって大変危険です。
上の写真のアングルを変えて写しました。
クロガネモチもイラガの幼虫の好みの木です。
自宅の南側真下です。
今はスッキリしています。
今はこのようにスッキリです。画面上は
兄宅です。2016年11月に植木屋さんから
言われたアパートの不法占拠者が綺麗に
片付けました。それまでは超汚かったです。
下半分とその少し上まで私が植物の管理を
しています。
同じく自宅の真下。南西方向です。
今はスッキリしています。
自宅の南西方向です。
中庭にはクロガネモチの大木が数本あって
イラガの幼虫が来ます。
毎年11月に植木屋さんに剪定して
もらっています。
自宅の南の窓のすぐ東には柿の木と芭蕉。地面はさらに
柑橘類やその他の木、大きな草でいっぱいです。

今はスッキリしています。芭蕉はなくなっています。
柿の木は以前は私が剪定していましたが、
脚立が梯子を折って上るタイプで
4点支持式で転倒の恐れがあって危険なので
今は植木屋さんに切ってもらっています。
以前はイラガの幼虫が来ていましたが、
現在は他の木々に好みが変わったようです。
柿の実はカラスの餌になります。
小鳥が再々やってきて2階の窓から見れます。
カラスが来ると逃げていきます。

2005年4月30日撮影

最近、南東の方向に30階建ての高層マンションが建設中です。2階の窓から撮影しました。埋め立てたばかりの土地にこんなの建てていいのかしら・・・。いつもの観測場所からも一部見えています。写真で見るよりも実際には近くにあります。


南東から南の方向です。
左のマンションは14階建ての分譲マンション。
中央奥がアーバンタワーで28階建て。33階建ての予定を住民の反対で
28階に抑えました。住人はほとんどいません。
画面右の向うに見えるのは西松建設の21階建ての分譲マンション。
住人はほとんどいません。


中井健二の星のホームページTOPに戻る