いるか座 Del

マニア向けの二重星のページ TOP Top of Doublestars for Maniac Observers

または、ブラウザーの戻るボタンで戻る

beta Del(Rotanev)
2006/08/07 23:58:30~23:59:00(JST)
LX200GPS-25(254mm Schmidt Cassegrain f/10)
pentaprism+LE7.5mm+IR-cut filter+ToUcam ProI
exp.:1/100sec. 15fps 30sec.
seeing:5/10 transp.:1/10
comment:
主星・伴星とも黄色だが、モニターでの色調節が悪く白くなってしまった。
ほぼ真北に伴星がある。光度差は1:2以上ある。位置角は2度か3度くらい。
モニター上でも分離して見えていた。北が下。
PA:5.36
Distance:0.55
beta Del(Rotanev)
β Del
RA:20h37m32.9s Dec:+14d35'42.0"
ADS 14073 , SAO 106316 , HD 196524 , HIP 1017169 , BU 151
A:4.0m(3.64m) F5IV ,B:4.9m(4.55m)

year PA Distance
------ ------ --------
2000.5 344.17 0.54
2001.5 347.98 0.57
2002.5 351.45 0.59
2003.5 354.76 0.60
2004.5 358.02 0.59
2005.5 1.38 0.58
2006.5 4.98 0.55
2007.5 9.03 0.52
2008.5 13.85 0.47
2009.5 20.00 0.40
2010.5 28.63 0.33
2011.5 42.25 0.26
2012.5 66.40 0.19
2013.5 104.89 0.17
2014.5 140.13 0.20
2015.5 162.01 0.26
2016.5 177.33 0.29
2017.5 191.63 0.28
2018.5 208.98 0.24
2019.5 233.39 0.20
2020.5 264.40 0.19

2005/10/18 21:30(JST) LX200GPS-25+pentaprism LE7.5mm 400X,Radian10mm 300X,LE12.5mm 240X
seeing:3-5/10 transp.:3/5
風がとても強くて望遠鏡の視野が振動する。おまけにシーイングも良くない。が、黄金色の2つの星が南北に並んでいる。前記の条件のためにどちらが主星かよく分からないので、位置角は0度または180度と見積もった。夏場に見ておけばよかった・・・。これからどんどん接近する。
gamma Del γDel
RA:20h46m38.7s Dec:+16d07'28"(A)
ADS 14279 ,SAO 106475(A) , SAO 106476(B) , HD 197963(A) , HD 197964(B) , STF 2727
A:4.36m K1IV , B:5.03m F7(A2)
PA (year) Distance
266 (2002) 9.2 (by WDS)

1998/05/21 27h05m(JST)
25cmSC A10mm 300X
seeing:6/10 transp.:3/5
アルビレオよりずっと接近している。Aはオレンジ色で、Bはくすんだ淡い黄白色。
以前、10cmで見ていた時は、Aはオレンジ色、Bは青〜青緑色に見えていた。
口径が大きくなると各々の星が明るくなり、目の感度の波長のピークが長波長側に寄るため
だろう。そして倍率が高くなるので、主星の影響を受けにくいのもあるのだろう。
2003年に25cm 240Xで見た時は、オレンジ色と青色に見えた。

2007年6月23日追記:その後、25cmでも何回か見たが、伴星は青系統の色に見えます。

マニア向けの二重星のページ TOP Top of Doublestars for Maniac Observers