おおいぬ座 part4 CMa part4


Top of Doublestars for Maniac Obsevers マニア向けの二重星のページTOP


おおいぬ座part1 CMa part1


CMa-2part2 おおいぬ座part2


CMa-3part3 おおいぬ座part3

Sirius
2017/03/19 20:32:28-20:35:32(JST)
C11AL-XLT+Kasai 1.5X Barlow+DBK21AU618+IR-cut(fl:5030mm)
exp.:1/15sec. 15fps 60sec. gain1023(max)
seeing:3-4/10 trans.:1/10 どんどん透明度が下がって行った。リゲルも見えなくなっていた。
20:32:28-20:35:32(JST)の6フレームをステライメージ7で加算コンポジット
Microsoft Office Picturemanagerにて自動修正。
透明度が非常に悪くてgainをmax1023にしても伴星は微か。
他のショットのは伴星が割れて写っていた。
夕方室内で上の修正ネジをカチッと2度緩めて、右下と左下の修正ネジを少し緩めた。
リゲルを眼視390倍で見て右下と左下の修正ネジを少し締めて光軸が合った。
リゲルのドーナツをモニター上で見ても合っていた。
光軸修正ネジが壊れていなくて良かった(^^)



Sirius
2017/03/17 20:45:47-21:10:24(JST)
C11AL-XLT+Kasai 1.5x barlow+DBK21AU618+IR-cut(fl:5030mm)
exp.:1/15sec. 15fps 60sec.
gain:815

20:45:47-21:10:24(JST)の分12フレームを加算平均コンポジットした。
2フレームほどγ調整で明るくしてあるのも含まれている。
Microsoft Office Picturemanagerにて自動修正


Sirius
2017/03/17
1.20:45:47-20:46:47(JST)
2.20:46:52-20:47:52(JST)
3.20:47:56-20:48:56(JST)
4.20:48:57-20:49:57(JST)
5.20:49:59-20:50:59(JST)
6.20:51:05-21:52:05(JST)
7.20:58:35-20:59:35(JST)
8.21:07:13-21:08:13(JST)
9.21:08:18-21:09:18(JST)
10.21:09:24-21:10:24(JST)

C11AL-XLT+Kasai 1.5x barlow+DBK21AU618+IR-cut(fl:5030mm)
exp.:1/15sec. 15fps 60sec.
gain:815

20:45:47-21:10:24(JST)の分12フレームを加算平均コンポジットした。
2フレームほどγ調整で明るくしてあるのも含まれている。

途中でレジスタックスで画像処理して光芒が偏っている(ヒゲが伸びている)ので
上のネジを少し緩めて撮影した。それを画像処理したらさらにヒゲが酷くなったので
上のネジを締めようとしたら、ネジ山が潰れかけていて締まらない。
ドライバーの先が当たるようにしたら回って締められた。再度撮影した。
光軸を追い込んでもヒゲが出る。主鏡が若干傾いているのかも知れない。
これ以上追い込むのは止めよう。
それより修正ネジのネジ山が潰れないようにしないといけない。
ネジ山が潰れたら保証期間の2年間の間には無料で修理してくれるはずなので
その時は修理を依頼しよう。
終了前に220倍でシリウスを見たら伴星が見えていたと思っていたらプロキオンに
向けて220倍で見たらピンボケだった。ドーナツにしてみたら光軸は良く合っている。
ピントを合わせて見ると綺麗だ。


rigel
2017/03/17 20:40:15-20:41:15(JST)

C11AL-XLT+Kasai 1.5X Barlow+DBK21AU618+IR-cut(fl:5030mm)
exp.:1/15sec. 15fps 60sec.
gain:815
眼視390倍で見ると光軸が少し狂っていた。
リゲルに向けた状態で上のネジを締めたらほぼ合った。
モニターを見ながらさらに修正した。
ほぼ完璧に合っている。
オリオン座の星であるが、シリウスの伴星を撮影する時のピント合わせと
露出条件などの設定のために必ずセットで撮影している。
位置角:202度 距離角:9.5秒(2014年 by WDS)


rigel
2017/03/17 20:35:29-20:36:29(JST)

C11AL-XLT+Kasai 1.5X Barlow+DBK21AU618+IR-cut(fl:5030mm)
exp.:1/15sec. 15fps 60sec.
gain:815
眼視390倍で見ると光軸が少し狂っていた。
リゲルに向けた状態で上のネジを締めたらほぼ合った。
モニターを見ながらさらに修正した。
ほぼ完璧に合っている。
上に向かってバッフルチューブからの放熱がある。


rigel
2017/03/17 20:34:07-20:35:07(JST)

C11AL-XLT+Kasai 1.5X Barlow+DBK21AU618+IR-cut(fl:5030mm)
exp.:1/15sec. 15fps 60sec.
gain:815
眼視390倍で見ると光軸が少し狂っていた。
リゲルに向けた状態で上のネジを締めたらほぼ合った。
モニターを見ながらさらに修正した。
ほぼ完璧に合っている。
上に向かってバッフルチューブからの放熱がある。


Sirius
2017/03/11
1.20:44:51-20:45:51(JST)
2.20:45:54-20:46:54(JST)
3.20:46:59-20:47:59(JST)
4.20:48:06-20:49:06(JST)
5.20:49:14-20:50:14(JST)
6.20:50:18-20:51:18(JST)
7.20:52:39-20:53:39(JST)
8.20:53:41-20:54:41(JST)
9.20:54:45-20:55:45(JST)
10.21:03:31-21:04:31(JST)
11.21:05:48-21:06:48(JST)
12.21:06:17-21:07:17(JST)
13.21:07:19-21:08:19(JS)

C11AL-XLT+Kasai 1.5X Barlow+DBK21AU618+IR-cut(fl:5030mm)
exp.::1/15sec. 15fps 60sec.
gain:815

焦点外像はカメラを引いて撮影。視直径25秒くらいで厳しい。gain:374 exp.:1/60sec. 30fps 60sec.

20:44:51-21:08:19(JST)までの13フレームをウェーブレット変換しただけの分と
gamma調整で明るくした分の26フレームを伴星を基準点指定して加算平均コンポジットした。

撮影前と後で390倍でドーナツを見たら光軸は合っているように見えた。
カメラを引いて撮影したらカメラの重みでさらにずれたのかも知れないが、
光軸はずれていた。このずれのリングが太い方向に大きな光芒が出ている。
バッフルチューブからの放熱があって上の方向は乱れている。画像は180度回転してあるので
下の方向になる。
眼視93倍で見たら上(下だったかも)の方向に1本光芒が伸びているのが見えた。
木星のシーズンまでには光軸を追い込みたい。
撤収前にベラトリックスを220倍でドーナツにして見たら明輪も暗輪も均一に見えていた。
気流のいい時にもっと高倍率か惑星用カメラで光軸を追い込みたい。


Rigel
2017/03/11 20:38:32-20:39:32(JST)
C11AL-XLT+Kasai 1.5X Barlow+DBK21AU618+IR-cut(fl:5030mm)
exp.::1/15sec. 15fps 60sec.
gain:815
昨夜、気流が悪い中でリゲルの焦点内外像を390倍で見たらメロメロだった。
モニターで見ながら光軸を追い込んだが、今夜も390倍でドーナツを見て
光軸は合っているように見えた。モニターでも合っているように見えた。
撤収前にベラトリックスを220倍でドーナツを見たら暗輪も明輪も均一に見えた。
スタックしてウェーブレット変換すると上下方向に光軸がずれている。
目はあまり当てにならないようだ。乱視でもあるのか?
木星のシーズンまでには光軸を追い込みたい。


シリウスのドーナツ
2017/03/11 シリウスの撮影終了後
C11AL-XLT+Kasai 1.5X Barkow+DBK21AU618+IR-cut(fl:5030mm以上)
焦点外像はカメラを引いて撮影。視直径25秒くらいで厳しい。gain:374 exp.:1/60sec. 30fps 60sec.

20:44:51-21:08:19(JST)までの13フレームをウェーブレット変換しただけの分と
gamma調整で明るくした分の26フレームを伴星を基準点指定して加算平均コンポジットした。

撮影前と後で390倍でドーナツを見たら光軸は合っているように見えた。
カメラを引いて撮影したらカメラの重みでさらにずれたのかも知れないが、
光軸はずれていた。このずれのリングが太い方向に大きな光芒が出ている。
バッフルチューブからの放熱があって上の方向は乱れている。
シリウスの画像は180度回転してあるので下の方向になる。
眼視93倍で見たら上(下だったかも)の方向に1本光芒が伸びているのが見えた。
木星のシーズンまでには光軸を追い込みたい。
撤収前にベラトリックスを220倍でドーナツにして見たら明輪も暗輪も均一に見えていた。
気流のいい時にもっと高倍率か惑星用カメラで光軸を追い込みたい。


Rigel
2017/03/11 20:38:32-20:39:32(JST)
C11AL-XLT+Kasai 1.5X Barlow+DBK21AU618+IR-cut(fl:5030mm)
exp.::1/15sec. 15fps 60sec.
gain:815
昨夜、気流が悪い中でリゲルの焦点内外像を390倍で見たらメロメロだった。
モニターで見ながら光軸を追い込んだが、今夜も390倍でドーナツを見て
光軸は合っているように見えた。モニターでも合っているように見えた。
上に向かってバッフルチューブからの放熱がある。
リゲルの撮影前に証拠写真として撮影した。
オリオン座の二重星ではあるが、伴星を基準にピント合わせや露出条件を
設定するためにいつもシリウスとセットで撮影している。
撤収前にベラトリックスを220倍でドーナツを見たら暗輪も明輪も均一に見えた。
スタックしてウェーブレット変換すると上下方向に光軸がずれている。
目はあまり当てにならないようだ。乱視でもあるのか?
木星のシーズンまでには光軸を追い込みたい。



Sirius 2005-2017 GIF Animation



Sirius
2017/03/04
1.21:34:40-21:35:40(JST)
2.21:36:01-21:37:01(JST)
3.21:37:06-21:38:06(JST)
4.21:38:09-21:39:09(JST)
5.21:39:14-21:40:14(JST)
6.21:41:36-21:42:36(JST)
7.21:42:39-21:43:39(JST)
8.21:43:53-21:44:53(JST)
9.21:44:59-21:45:59(JST)
21:34:40-21:45:59の9ショットを加算平均コンポジット

C11AL-XLT+Kasai 1.5X barlow+DBK21AU618+IR-cut(fl:5140mm)
exp.:1/15sec. 15fps 60sec.
gain:815
seein:4-5/10 trans.:5/5
シリウスの撮影後に焦点内外像を証拠に撮影した。
リゲルで光軸があっていたのが若干狂っている。
シリウスは明るすぎて光軸修正はやりにくい。
リゲルからシリウスに向ける時に光軸が若干狂ったようだ。
シリウスの大きなドーナツでは合っているのだが、ドーナツが
小さいと些細な事が見えてくる。
リゲルの焦点内外像を画像処理すると若干狂っていた。
どうやら今までも同じように眼視390倍のドーナツでは合っていても
惑星用カメラは若干の狂いも捉えてしまうので、シリウスも光軸が
若干狂った状態で撮影していたようだ。


Rigel
2017/03/04 21:29:39-21:30:39(JST)

C11AL-XLT+Kasai 1.5X Barlow+DBK21AU618+IR-cut(fl:5140mm)
exp.:1/15sec. 15fps 60sec.
gain:815
seeing:5/10trans.:5/5
Registax Ver.5にてスタックのみ。
昨夜、光軸がずれていたので修正したが、修正しきれずに曇ってしまった。
今夜はリゲルに向けると390倍で光軸は合っていた。
撮影前に焦点内外像を撮影して証拠にした。
シリウスに向けて撮影後、焦点内外像を撮影したら若干狂っていた。
どうやらリゲルからシリウスに向ける時に光軸が狂って光芒が偏るようだ。
でもシリウスは明るすぎて光軸修正出来ないので、何とかならんもんか。
リゲルの焦点内外像の左上のはバッフルチューブからの放熱です。(正立像)
もしかしたらバッフルチューブの放熱がシリウスのヒゲになって現れるのかも知れない。
リゲルの焦点内外像も画像処理したら、若干狂っていた。390倍で木星程度のドーナツにしても
合っていたはずだが、惑星用カメラはシビアだ。


Rigelの撮影前の焦点内像
今夜はリゲルに向けると390倍で光軸は合っていた。
撮影前に焦点内外像を撮影して証拠にした。
ほぼ合っている。モニター上での倍率は1000倍以上に相当して少しの狂いも
現れる。光軸は少しずれている。
シリウスに向けて撮影後、焦点内外像を撮影したら若干狂っていた。
どうやらリゲルからシリウスに向ける時に光軸が狂って光芒が偏るようだ。
でもシリウスは明るすぎて光軸修正出来ないので、何とかならんもんか。
リゲルの焦点内外像の左上のはバッフルチューブからの放熱です。(正立像)
もしかしたらバッフルチューブの放熱がシリウスのヒゲになって現れるのかも知れない。


ベラトリックスの焦点内外像
シリウスを撮影後にベラトリックスに向けて光軸チェックした。
眼視のドーナツでは合っているが、モニター上では若干狂っている。
モニターを見ながら修正したが、まだ不十分。
撮影時よりも追い込めた。眼視390倍のドーナツではほぼ完璧に合っている。
リゲルやシリウスに向けたが、もう西に傾いて高度が低くて気流が乱れていたので
撮影は中止した。
この後、ベラトリックスで眼視390倍のドーナツで合っているのを確認して
プロキオンに向けて390倍で光軸チェックした。光軸は合っている。
ピントを合わせて見て、93倍で見たら綺麗だった。


Sirius
2017/03/04 21:49:29-21:50:29(JST)焦点内外像

C11AL-XLT+Kasai 1.5X barlow+DBK21AU618+IR-cut(fl:5140mm)
exp.:1/60sec. 30fps 60sec.
gain:815
seein:4-5/10 trans.:5/5
シリウスの撮影後に焦点内外像を証拠に撮影した。
リゲルで光軸があっていたのが若干狂っている。
シリウスは明るすぎて光軸修正はやりにくい。
リゲルからシリウスに向ける時に光軸が若干狂ったようだ。
シリウスの大きなドーナツでは合っているのだが、ドーナツが
小さいと些細な事が見えてくる。



Sirius
2017/02/28
1.21:45:18-21:46:18(JST)
2.21:46:19-21:47:19(JST)
3.21:47:25-21:48:25(JST)
4.21:48:31-21:49:31(JST)
5.21:49:35-21:50:35(JST)
6.21:51:51-21:52:51(JST)
7.21:52:55-21:53:55(JST)
8.21:54:07-21:55:07(JST)
9.21:55:12-21:56:12(JST)

C11AL-XLT+Kasai 1.5X Barlow+DBK21AU618+IR-cut(fl:4860mm)
exp.:1/15sec. 15fps 60sec.
gain:815
seeing:4-5/10 trans.:5/5
Registax ver.5にてスタック後、ウェーブレット変換。
各々の画像にgamma調整で明るくしてあるのも作成した。
21:45:18-21:56:12(JST)の18フレームの画像を加算平均コンポジット。
光軸を合わせても同じ方向に光芒が出る。主鏡が傾いているのかも知れない。


Rigel
2017/02/28 21:35:24-21:36:24(JST)
C11AL-XLT+Kasai 1.5X Barlow+DBK21AU618+IR-cut(fl:4860mm)
exp.:1/15sec. 15fps 60sec.
gain:815
seeing:4-5/10 trans.:5/5
オリオン座の二重星だが、シリウスの伴星を撮影する時の条件を設定するためと
ピント合わせに使用している。距離角の比較にもなる。
シリウスはシリウスでピントを合わせようとすると必ずピンボケになる。
位置角:202度 距離角:9.5秒(2014 by WDS)


シリウスを撮影した直後にベテルギウスに向けて笠井1.5Xバローで焦点距離4860mmにて焦点内外像を撮影した。
シリウスにどうしても光芒が出るが、光軸は合っている。
それでもとモニターを見ながら修正したら逆に狂ってしまった。
最初はカメラの東西南北を合わせて撮影した。温度順応させているはずだが、バッフルチューブからの
放熱と思われる現象が起きている。
光軸をいじった後はカメラを上下左右にして地面に水平にして撮影した。やっぱり真上に向けて乱れている。
光軸が少し狂ってしまっていた。最後に狂った方向のネジを少し締め戻した。


シリウスを撮影した直後にベテルギウスに向けて笠井1.5Xバローで焦点距離4860mmにて焦点内外像を撮影した。
シリウスにどうしても光芒が出るが、光軸は合っている。
それでもとモニターを見ながら修正したら逆に狂ってしまった。
最初はカメラの東西南北を合わせて撮影した。温度順応させているはずだが、バッフルチューブからの
放熱と思われる現象が起きている。
光軸をいじった後はカメラを上下左右にして地面に水平にして撮影した。やっぱり真上に向けて乱れている。
光軸が少し狂ってしまっていた。最後に狂った方向のネジを少し締め戻した。


シリウスを撮影した直後にベテルギウスに向けて笠井1.5Xバローで焦点距離4860mmにて焦点内外像を撮影した。
シリウスにどうしても光芒が出るが、光軸は合っている。
それでもとモニターを見ながら修正したら逆に狂ってしまった。
最初はカメラの東西南北を合わせて撮影した。温度順応させているはずだが、バッフルチューブからの
放熱と思われる現象が起きている。
光軸をいじった後はカメラを上下左右にして地面に水平にして撮影した。やっぱり真上に向けて乱れている。
光軸が少し狂ってしまっていた。最後に狂った方向のネジを少し締め戻した。


Sirius
2017/02/27
1.21:44:44-21:45:44(JST)
2.21:45:56-21:46:56(JST)
3.21:47:51-21:48:51(JST)
4.21:49:28-21:50:28(JST)
5.21:50:58-21:51:58(JST)
6.21:52:52-21:53:52(JST)
7.21:55:34-21:56:34(JST)
8.22:04:46-22:05:46(JST)
9.22:05:58-22:06:58(JST)
10.22:07:14-22:08:14(JST)
11.22:08:36-22:09:36(JST)

C11AL-XLT+Kasai 1.5X Barlow+IR-cut(ZWO)+ZWO ASI 290MC(fl:4910mm)
640X480pixel exp.:332ms. maxium or 30fps 60sec.
RGB24 gain:364
seeing:3-4/10 trans.:5/5
640X480で撮影のために強拡大の画像になって気流は乱れている。最後の4ショットはモニター上で
伴星がハッキリ見えていた。もう南中は過ぎていて西に傾きつつあった。
21:44:44-22:09:36(JST)の静止画を20framesコンポジットした。
光軸は撮影前と撮影後の390倍では合っているが、画像では1本の光芒が目立っている。
撮影後に390倍でベテルギウスを焦点内外像で見たが、光軸はほぼ完璧に合っている。
主鏡が少しだけ傾いているようだ。惜しい。
93Xで見たシリウスは綺麗!ビューティフル!の一言だ。
ZWO ASI 290MCの初ショットがリゲルとシリウスの伴星というのが凄い。


Rigel
2017/02/27 21:38:20-21:39:20(JST)
C11AL-XLT+Kasai 1.5X Barlow+IR-cut+WZO ASI 290MC(fl:4910mm)
640X480 exp.:322ms. 30fps 60sec.
RGB24 gain:364
seeing:3-4/10 trans.:5/5
ASI 290MCの初ショット
気流サイトでは気流はいいはずだが、フルサイズではなくて640X480ピクセルのために
画面の星が大きくて乱気流だった。
眼視の93倍や390倍ではもっと良かった。93Xでは主星がキリリと引き締まって伴星が点のように見えた。
390Xでも伴星が綺麗だった。
390Xではほぼ完璧に光軸が合っているが、撮影画像ではいびつで1本の光芒が目につく。
主鏡が少し傾いているようだ。
最初の3ショットは失敗作。後の2ショットはまあまあ。
位置角:202度 距離角:9.5秒(2014 by WDS)


Sirius
2017/02/25 21:29:47-21:49:42(JST)の22フレームを加算平均コンポジット
1.21:29:47-21:31:47(JST)
2.21:33:29-21:34:29(JST)
3.21:34:33-21:35:33(JST)
4.21:35:39-21:36:39(JST)
5.21:36:52-21:37:52(JST)
6.21:38:08-21:39:08(JST)
7.21:39:13-21:40:13(JST)
8.21:41:51-21:42:51(JST)
9.21:43:53-21:44:53(JST)
10.21:44:03-21:45:03(JST)
11.21:45:10-21:46::10(JST)
12.21:46:28-21:47:28(JST)
13.21:47:31-21::48:31(JST)
14.21:48:42-21:49:42(JST)

C11AL-XLT+Kasai1.5XBarlow+DBK21AU618+IR-cut(fl:4980mm)
exp.:1/15sec. 15fps 60sec.(1:120sec.)
gain:815
seeing:3/10 trans.:3-4/5
gainをもっと上げるべきだった。
リゲルで390Xにてドーナツを大きくして光軸修正しようと上のネジを締めようとしたら回らず。
他の2本のネジを緩めた。そしたらドツボにはまって、ぴったり合わせたつもりが、
ピントを合わせようとドーナツを小さくして行ったら木星程度の大きさで穴が偏芯していた。
そのままの大きさで光軸を修正した。
シーイングは思ったより悪かった。
撮影終了後も光軸は合っていた。


Sirius
2017/02/25 21:33:29-21:34:29(JST)
C11AL-XLT+Kasai1.5XBarlow+DBK21AU618+IR-cut(fl:4980mm)
exp.:1/15sec. 15fps 60sec.
gain:815
seeing:3/10 trans.:3-4/5
Microsoft Office Picturemanagerにて自動修正
gainをもっと上げるべきだった。
リゲルで390Xにてドーナツを大きくして光軸修正しようと上のネジを締めようとしたら回らず。
他の2本のネジを緩めた。そしたらドツボにはまって、ぴったり合わせたつもりが、
ピントを合わせようとドーナツを小さくして行ったら木星程度の大きさで穴が偏芯していた。
そのままの大きさで光軸を修正した。
シーイングは思ったより悪かった。
撮影終了後も光軸は合っていた。


Rigel
2017/02/25 .21:18:24-21:20:24(JST)
C11AL-XLT+Kasai1.5XBarlow+DBK21AU618+IR-cut(fl:4980mm)
exp.:1/15sec. 15fps 120sec.
gain:815
seeing:3-4/10 trans.:3-4/5
gainをもっと上げるべきだった。
リゲルで390Xにてドーナツを大きくして光軸修正しようと上のネジを締めようとしたら回らず。
他の2本のネジを緩めた。そしたらドツボにはまって、ぴったり合わせたつもりが、
ピントを合わせようとドーナツを小さくして行ったら木星程度の大きさで穴が偏芯していた。
そのままの大きさで光軸を修正した。
シーイングは思ったより悪かった。
オリオン座の星であるが、シリウスの伴星を写す際のピント合わせと撮影条件の設定の目安にしている。



Sirius
2017/02/21
21:39:04-21:52:57(JST) スタックオンリーの画像を8frames コンポジット ウェーブレットなし
21:50:57-21:52:57(JST)
C11AL-XLT+Kasai1.5X barlow+DBK21AU618+IR-cut(fl:5230mm)
exp.:1/15sec. 15fps 120sec.
gain:815
半数はフレーム落ちして920フレームの中からさらにスタックしてウェーブレット変換した。
リゲルで390倍にて暗輪と明輪を均一になるように光軸修正したが、やっぱり画面中央なのに
コマ収差のような光芒が出る。主鏡が少しだけ傾いているようだ。
1番光芒の少ないショットを選んだ。
どのショットも単一フレームで伴星が見えている。
風が吹き荒れていたが、シーイングはまずまずいい。
前回の収納時にクレイフォードをさらに引き出してしまってジョイントバーでだいたいピントを
合わせてクレイフォードでピントをリゲルで合わせてあるが、焦点距離はさらに伸びてしまった。
惑星ではフレーム数を稼いであまり強いウェーブレット変換しないで済むようにする予定だ。
Win XPのPCはパフォーマンスが低下しているのでWin 7かWin 10のPCを使う予定だ。
2000フレーム以上あれば光芒の影響は少なくてウェーブレットも軽めで済みそうだ。
seeing:4/10 trans.:5/5


Sirius
2017/02/21
21:39:04-21:52:57(JST) スタックオンリーの画像を8frames コンポジット ウェーブレットなし
C11AL-XLT+Kasai1.5X barlow+DBK21AU618+IR-cut(fl:5230mm)
exp.:1/15sec. 15fps 120sec.
gain:815
Registax Ver.5でスタックのみした原画を8ショット分コンポジットしてみた。
主星の右斜め下に伴星が写っている。
seeing:4/10 trans.:5/5


Rigel
2017/02/21 21:25:38-21:26:38(JST)
C11AL-XLT(280mm Schmidt Cassegarin)+Kasai 1.5X Barlow+DBK21AU618+IR-cut(fl:5230mm)
exp.:1/15sec. 15fps 60sec.
gain:815
Registax Ver.5にてスタックのみ
390倍のドーナツでリゲルで光軸修正。暗輪と明輪が見えたので均一になるように上の1本を
2-3度くらい締める方向で回した。ほぼ明輪と暗輪が均一になった。
しかしシリウスでは変わらずに同じ方向に光芒が伸びている。反対方向にも全ての方向にも
光芒は出ているが、シリウスでウェーブレット変換すると前回と同じ方向に光芒が伸びている。
どうやら主鏡が若干傾いているようだ。
リゲルは伴星がしっかりと明瞭に見えていた。ウェーブレットなしでは光芒が目立たない。
球面収差が非常に少ないのでわずかな光軸の傾きが敏感に反応するようだ。
眼視で見る分では390倍でもリゲルの伴星は明瞭に見えていた。
この夜は風が強かったが、シーイングは割といい。
seeing:4-5/10 trans.:5/5
位置角:202度 距離角:9.5秒(2014 by WDS)



Sirius
2017/02/15 22:03:22-22:04:22(JST)
C11AL-XLT(280mm Schmidt Casegrain fl:2800mm)+Kasai1.5X Barlow+DBK21AU618+IR-cut(fl:5100mm)
exp.:1/15sec. 15fps 60sec.
gain:815

リゲルからシリウスに向けようとしたらクレイフォードが滑って引き出されたのでもう1度リゲルで
ピントを合わせたが、1回目と違って2回目はなかなかピントが合せられなかった。
たぶんピンボケ。リゲルを再度撮影してシリウスに向けた。230倍で光軸は合っている。
ドーナツの明輪と暗輪は見えない。シーングは悪い。
シーイングは13日よりも悪かった。モニター上で伴星の位置に伴星が
チカチカと点滅していた。1階の貸家の玄関灯がつきっぱなしだった。
パソコンを撤収してロンキーテスターの画像を撮影したが、上手く写らない。
13日は夜露がなかったが、15日の夜は夜露が降りていた。
画像処理して伴星はディフラクションリングに引き伸ばされたように細長く円弧形に写っているのが
3ショットあった。他の2ショットは点像だった。
またしても1本の大きな光芒がウェーブレット変換したら現れる。光軸がほんの少し狂っていたのかも
知れない。リゲルは390倍で光軸が合っていた。

位置角:73.73度 距離角:10.79秒(2017.2年)



Rigel
2017/02/15 21:47:50-21:48:50(JST)
C11AL-XLT(280mm Schmidt Casegrain fl:2800mm)+Kasai1.5X Barlow+DBK21AU618+IR-cut(fl:4860mm(1,2,3) fl:5100mm(4,5))
exp.:1/15sec. 15fps 60sec.
gain:815
この夜も390倍で光軸は合っていた。ドーナツの明輪と暗輪は見えず。シーイングは悪い。
リゲルを3ショット撮影してシリウスに向けようとしたら、クレイフォードが滑って引き出されて
再度リゲルでピントを合わせて撮影した。なので4ショット目と5ショット目は焦点距離が
先の3ショットより長くなってしまった。2回目はピントがなかなか合わなくて苦労した。
そのままシリウスに向けた。
シリウスの伴星を写す際にオリオン座のリゲルの伴星で撮影条件を調節している。距離角の比較にもなる。
位置角:202度 距離角:9.5秒 (2014年 WDS)


Sirius
2017/02/13 21:41:21-21:42:21(JST)
C11AL-XLT(280mm Schmidt Cassegrain fl:2800mm)+1.5XBalow+DBK21AU618+IR-cut(fl:4860mm)
exp.:1/15sec. 15fps 60sec.
gain:825
Registax Ver.5にてスタック後ウェーブレット変換
位置角73.73度 距離角10.79秒(2017.2年)

笠井のクレイフォード接眼を使用した。
リゲルからシリウスに向けても今夜は光軸が狂っていなかった。
300/1inchのロンキーテスターで見るとロンキーの外の円とドーナツの中の穴の円がずれている。
しかも中の穴は円形と楕円形の二重構造になっている。
これはどういった事だろうか。
シリウスだから分かったのであって他の星では注意しないと見えない。
ロンキーテスターでシリウスを見ると気流が乱れていて、なかなか5本に出来ない。
やっと入浴タイムが過ぎて5本にすると球面収差の波面誤差は1/8λ以上でプラスともマイナスとも
言えない。夏場は弱プラスの球面収差になるだろう。
ベラトリックスに向けて見るとロンキーの円が二重構造になっているのが微かに分かる程度だ。
最初の数ショットは外付けHDDに移動する時に消えていた。先日もだった。
撮影はWindows XPのPCを使っていて、外付けHDDに移動して別のPCで画像処理しています。
移動でなくてコピーして後で確認してから削除すればよかった。
後でファイル名で調べると2ショット失われていた。3ショット目がまあまあの写り方だったが、
光芒が目立つ。
いいショットは何故かファイルを移動すると消えてしまう。
最初の数ショットがシリウスの伴星が明瞭にモニター上で見えていたのだが。
神様の悪戯か。
それでも光軸が狂っていなかったのは1番の成果だ。
それでもシリウスの主星から1本の太い光芒が出ているのが気になる。
最初の数ショットの後で1階は入浴タイムで気流が乱れていた。
それまでは良かったのだが。


Rigel
2017/02/17 21:31:15-21:32:15(JST)
C11AL-XLT(280mm Schmidt Cassegrain fl:2800mm)+1.5XBalow+DBK21AU618+IR-cut(fl:4860mm)
exp.:1/15sec. 15fps 60sec.
gain:825
Registax Ver.6でスタックのみ。
笠井のクレイフォード接眼を使用した。ピント合わせが楽になった。
今夜は光軸が狂っていなかった。しかし主星が何故か楕円形に写っている。
焦点内外像では真円なのだが。ピントを合わせても主星は楕円ではなくて真円で
鋭く輝いて伴星もハッキリ見えていた。
シリウスの伴星を撮影する際にオリオン座のリゲルの伴星で設定を調整している。
リゲルの伴星がモニター上で明瞭に見えて十分離れているのが必要条件だ。
オリオン座の重星だが、あえてシリウスの伴星とセットでおおいぬ座に載せてある。
合成焦点距離もリゲルの主星と伴星の中心点でピクセル数を計測して焦点距離を
割り出してある。この夜は40ピクセル離れていた。画像を回転させて、水平にするか
上下にして計測します。
DBK21AU618はピクセルサイズが5.6μmで0.0056mmになります。
(40X0.0056)/9.5X206265=4863.50mm
(ピクセル数Xピクセルサイズmm)/距離角(惑星の場合は視直径)X206265=焦点距離mm
です。
位置角202度 距離角9.5秒(2014年 WDS)


Sirius
2017/02/07 22:25:40-22:26:40(JST)

C11AL-XLT+Kasai1.5Xbarlow+DBK21AU618+IR-cut(fl:4377mm)
exp.:1/15sec. 15fps 60sec.
gain:777

PA:73.73d Distnce:10.79arcsecond(2017.2)

2月6日は小雨で散々だったが、今夜も快曇であきらめていたら、21時過ぎに
見ると北を除いて晴れてきている。大急ぎでC11を組み上げた。
北極星が見えないので極軸はだいたいの状態。
リゲルに向けると93倍で主星が小さくて伴星もハッキリ見える。
主星は小さく輝いた丸い点で真円だ。楕円形ではない。光芒が見える。
1インチ300本のロンキーテスターで見るとハノ字型に見える。
焦点内外像にすると光軸が狂っている。93倍でだいたい修正して
ベラトリックスに向けてLE7.5mm390Xで修正した。だいたい合った。
先日の事もあって少しのズレは無視することにした。
ロンキーテスターで見ると5本見える状態では少し光軸がずれているが、ほぼ真っ直ぐ。
球面収差の波面誤差は1/10λ位しかない。面の荒れも少なくていい感じだ。
リゲルに向けた。93倍で凄く美しい。
雲がオリオン座や大犬座にはかかっていない。
撮影した。リゲルの伴星が一番明瞭に見える所にした。揺れが大きい。
笠井のシュミカセ用のクレイフォード接眼部に付け直した方がいいみたい。
ジョイントバーでのピント合わせでは凄く星像がぶれまくる。
星が南にずれて行く。極軸が合ってないからしょうがない。北極星は結局撤収時も見えなかった。
リゲルを2ショット撮影して、シリウスに向けた。
シリウスの伴星の位置に伴星がチカチカ点滅している。ダークフレームも撮影した。
撮影後に93倍で見ると光軸がずれていた。でもシリウスの星像が小さくて輝いている。
すぐに修正した。さらに美しい。リゲルも見た。390Xで修正した。93倍で主星は小さくて輝いて伴星も
クッキリ見える。当たりの望遠鏡に交換してもらったみたいだ。
焦点内外像は真円だ。
撤収後にレジスタックスで画像処理するとリゲルもシリウスも光軸が狂っていたみたいで
伴星は写っているが、南南西方向に窪んでいてそこから光芒が出ている。リゲルは少し楕円形だ。
光軸が狂っていてコマ収差のせいのようだ。リゲルの楕円形は光軸の狂いと薄雲がかかっていた
せいもあるようだ。
光軸が狂っていてもこの程度写るのは凄いです。
とにかくリゲルもシリウスも伴星がまともに写っていて安堵した。
gainをもっと上げるべきだった。
これでもう鏡筒の交換は必要ないようだ。
でも何故衝撃を与えていないのに光軸が狂うのか。そこが問題だ。
いずれ解決するだろう。


Rigel
2017/02/07 22:20:54-22:21:54(JST)
C11AL-XLT+Kasai1.5Xbarlow+DBK21AU618+IR-cut(fl:4377mm)
exp.:1/15sec. 15fps 60sec.
gain:777

PA:202d Distance:9.5arcsecond(2014 by WDS)
シリウスの伴星を撮影するための設定条件の目安になるし、距離角の比較にもいい。
リゲルの主星と伴星の中心点のピクセル数から焦点距離を割り出している。



Sirius 2005-2016 GIF Animation


Sirius シリウス
2016/02/10 21:41:56-21:42:56(JST)
LX200GPS-25+Kasai 1.5X Barlow+DBK21AU618+IR-cut filter(fl:4500mm)
exp.:1/15sec. 15fps 60sec.
seeing:3/10 trans.:3-4/5

RA:06h45m08.9s Dec:-16 42 58
A:-1.46m A1V B:8.5m DA
SAO:151881 ADS:5423 HD:48915 HIP:32349 AGC:1




Sirius シリウス
2016/02/10 21:37:36-21:38:36(JST)
LX200GPS-25+Kasai 1.5X Barlow+DBK21AU618+IR-cut filter(fl:4500mm)
exp.:1/15sec. 15fps 60sec.
seeing:3/10 trans.:3-4/5

PA (year) Distance
77.94 (2015.2) 10.38
75.80 (2016.2) 10.60
73.73 (2017.2) 10.79
71.73 (2018.2) 10.94
69.88 (2019.2) 11.07
67.96 (2020.2) 11.17
66.08 (2021.2) 11.24
64.22 (2022.2) 11.27
62.36 (2023.2) 11.27
60.49 (2024.2) 11.24
58.61 (2025.2) 11.18
56.70 (2026.2) 11.07
54.75 (2027.2) 10.93
52.74 (2028.2) 10.74
50.65 (2029.2) 10.52
48.46 (2030.2) 10.25
46.14 (2031.2) 9.93
43.65 (2032.2) 9.57
40.95 (2033.2) 9.15
37.97 (2034.2) 8.67
34.62 (2035.2) 8.13
30.77 (2036.2) 7.53
26.20 (2037.2) 6.86
20.57 (2038.2) 6.12


Rigel リゲル
2016/02/10 21:30:47-21:31:47(JST)
LX200GPS-25+Kasai 1.5X Barlow+DBK21AU618+IR-cut filter(fl:4500mm)
exp.:1/15sec. 15fps 60sec.
seeing:3-4/10 trans.:3-4/5

シリウスの伴星を撮影する時にはピント合わせ、露出設定、距離角比較のために
必ず撮影している。オリオン座の星ですが、あえておおいぬ座のページに載せています。

PA:202d Distance:9.5arcsecond(2014 by WDS)



おおいぬ座part1TOP CMa part1

CMa part2 おおいぬ座part2

CMa part3 おおいぬ座part3


マニア向けの二重星のページTOP Top of Doublestars for ManiacObservers